Books

キャプテン翼のつくり方

リオネル・メッシや本田圭佑にも影響を与えたサッカー漫画『キャプテン翼』の作者である高橋陽一先生による初の自叙伝。漢字にルビがついており、小学生でも読める一冊になっています。構成を手がけました。

著者:高橋陽一

発行:repicbook (リピックブック)


後悔しない生き方

著名なビジネスパーソン、堀江貴文氏による著書。「自分の時間を取り戻すような生き方」を軸に、自らの経験を踏まえ「好きなこと」をやり抜くための知恵を語っています。最終校正を担当しました。

著者:堀江貴文

発行:セブン&アイ出版


J2&J3 フットボール漫遊記

地域に根ざした「Jクラブがある風景」を丁寧に描いた作品。著者は『フットボールの犬』で第20回ミズノスポーツライター賞の最優秀賞を受賞した宇都宮徹壱さん。校閲として出版にかかわりました。

著者:宇都宮徹壱

発行:東邦出版


BOA SORTE KAZU

三浦和良フォトブック

サブタイトルは「キングカズ、50歳の終わりなき蹴球の旅」で、本人選定の100カットを超える写真と、少年時代からこれまでの人生を振り返る50のメッセージを収録。編集協力として制作に携わりました。

文・写真監修:三浦知良

発行:東邦出版


ザ・ストーン・ローゼズ

自ら激動の人生を選んだ異才ロックバンドの全軌跡

英国ロック史に名を残すバンドの伝記。メンバーの協力を得て、ほぼすべての関係者に取材した内容で、ドキュメント映画『THE STONE ROSES : MADE OF STONE』のモチーフにも。編集業務で協力しました。

著者:サイモン・スペンス

発行:DU BOOKS


サッカー界における顧客の創造

著者は2008年から13年までJリーグのガンバ大阪で社長を務めた金森喜久男さん。Jクラブ経営やアジアサッカー連盟委員長の経験を踏まえ、組織マネジメントの基本と原則を明かした一冊です。編集を担当しました。

著者:金森喜久男

発行:フロムワン 発売:朝日新聞出版


あなたの知らない85のネイマール

AtoZで語る僕の素顔

85個のキーワードをもとにしたフォトブック的公式バイオグラフィで、サッカー王国が生んだ世界的ストライカーが自らの歩みを語る一冊です。サッカーキッズ向けの読みやすい構成で、版権の取得からかかわりました。

著者:ネイマール・ジュニオール

発行:フロムワン 発売:朝日新聞出版


メッシとロナウドから学ぶ

才能の伸ばし方

副題は「サッカー上達のための10の条件と10の教訓」。リオネル・メッシ、クリスチアーノ・ロナウドの成長過程をもとに、才能を伸ばすためのポイントを紹介していく一冊です。編集者として携わりました。

著者:フアン・カルロス・クベイロ 他

発行:フロムワン 発売:朝日新聞出版


サッカー日本代表が

もっとよくわかるQ&A100

2014年ワールドカップに挑むサッカー日本代表を深く知るための名鑑的観戦ガイド。 選手たちの魅力を、プレー、キャリア、プライベートという3つの視点からQ&A形式で紹介する内容で、編集を担当。

編者:サッカーキング

発行:フロムワン 発売:朝日新聞出版


サッカー選手の言葉から学ぶ

成功の思考法2014

増刷を重ねた『サッカー選手の言葉から学ぶ成功の思考法』の第2弾。副題は「日本代表の選手たちが伝える、生き方を磨くための222のヒント」で、特に十代の若い読者から大きな反響を呼びました。

編者:サッカーキング

発行:フロムワン 発売:朝日新聞出版


ビッグ・ハート

道を切り拓くメンタルの力

「ふつうのサッカー選手であること」に満足しない著者による人生論的バイオグラフィ。サッカー日本代表として2018年W杯にも出場した男がポジティブな思考を明かす一冊で、編集協力として出版にかかわりました。

著者:槙野智章

発行:フロムワン 発売:朝日新聞出版


情熱を貫く

亡き父との不屈のサッカー人生

亡き父からの遺書に記されていた「日本代表になれ 空の上から見とうぞ」という言葉を軸に展開していく父と息子の物語。編集者として携わりました。夢を叶えていく魂のストーリーは大きな話題を呼び7刷出来を達成。

著者:大久保嘉人

発行:フロムワン 発売:朝日新聞出版


知られざるペップ・グアルディオラ

サッカーを進化させた若き名将の肖像

現代サッカーに現在進行形で大きな影響を与えているスペイン人のバイオグラフィ。バルセロナ退団はリオネル・メッシとの歪んだ関係が要因の一つだったことも明かされています。版権取得から編集までを担当。

著者:グイレム・バラゲ

発行:フロムワン 発売:朝日新聞出版


一流のリーダーたちから学ぶ勝利の哲学

今すぐ実践したい指導の流儀

静岡朝日テレビ「スポーツパラダイス」で放送された対談を収録した一冊。清宮克幸さん、原辰徳さん、貴乃花光司さん、齋藤孝さん、岡田武史さんなどと、人材育成と成功の極意を語り合う内容となっています。

著者:長谷川健太

発行:フロムワン 発売:朝日新聞出版


ザ・ストーン・ローゼズ・ストーリー

誕生と、解散と、復活と。

英国ロックの伝説的バンドの濃厚な伝記で、ノエル・ギャラガーも3回読んだ一冊。2012年6月にマンチェスターのヒートン・パークで行われた再結成ライブを見に行くほど大ファンの菅野が熱を込めてつくり上げました。

著者:ジョン・ロブ

発行:フロムワン 発売:朝日新聞出版


サッカー日本代表の育て方

副題は「子供の人生を変える新・育成論」。岡崎慎司や清武弘嗣、酒井宏樹など、現代日本サッカー界の一流選手がどう成長してきたかを、指導者や実父実母の証言から読み解く一冊で、編集協力として携わりました。

著者:小澤一郎

発行:フロムワン 発売:朝日新聞出版


サッカー選手の言葉から学ぶ

成功の思考法

「さらなる成長のために」「苦しんでこそ」「ひたむきな努力で」など全8章の構成で、サッカー選手の印象的な言葉を編纂。仕事や私生活で背中を強く押してくれる一冊として広く受け入れられ、7刷まで重版を重ねました。

編者:サッカーキング

発行:フロムワン 発売:朝日新聞出版


バルセロナを極める11の視点

「サッカー史上最強のクラブを再考するアンソロジー」という副題が示すように、11人の識者が多角的にスペインの強豪サッカークラブの魅力を解説する一冊です。マッシミリアーノ・アッレグリの論評も掲載。

著者:羽中田昌、中村憲剛 他

発行:フロムワン 発売:朝日新聞出版


覚醒せよ、日本人ストライカーたち

日本は本当にフォワード不毛の地なのか

本来はMFが本職の本田圭佑をFWで起用しなければならなかった2010年ワールドカップにフォーカスを当てた一冊。データをもとにストライカーはいかにして育成すべきかを分析した内容となっています。

著者:戸塚 啓

発行:フロムワン 発売:朝日新聞出版


日本は、サッカーの国になれたか。

電通の格闘。

2002年FIFAワールドカップ日本招致委員会国際部長として招致活動に従事した電通社員の視点から見た日本サッカー史。日本サッカーにおけるビジネスの歴史も理解できる内容となっています。編集・構成の面で協力。

著者:濱口博行

発行:電通 発売:朝日新聞出版



※上記の実績には、代表取締役の菅野が株式会社フロムワン在籍時、および編集企画事務所ナウヒア時代に携わったものも含まれています。